匠工芸秘話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匠工芸 「ギルド・クーチェスト」塗装に技あり

G1.jpg

ギルドもクーチェストも塗装で木材に着色をほどこし
塗装をしています。

近年、特に良い木材の量が低下しているため、
色目的に優良ではない材料も、塗装の技でカバー
して製品としているケースが多いのですが、
特にギルドの場合は塗装での着色技術が
生かされ製品となっております。
G2.jpg

クーチェストの場合は、ホワイトアッシュ材の
美しさや質感を有効に表現するために、
着色をほどこしております。
C1.jpg

クーチェストは、長らく匠工芸の商品開発は
男性のデザイナーや担当者が行ってまいりました。

そんな中で女性目線の商品を開発したいと,
以前よりつながりのあった女性デザイナーの
伊藤さんに提案を依頼したとのことです。
C2.jpg

ホワイトアッシュの材質感を生かした面白い
商品となっていると思います。
また、着色した部分もホワイトアッシュの木目をひきたて、
一見、和風になりがちの着色塗装を、
ライトな洋風な家具にまとまっていると思います。
C5.jpg

サイズ的にもいろいろなスペースやシーンに使える
用途の広い商品となっています。
C4.jpg

ギルドは、当時私が担当して商品化しました。
当初、東京の百貨店問屋より東京のデザイナーの
案としてギルドの原案が示され、その案に沿って
中井氏によって設計試作されましたが、
大きいサイズやすべて無垢材を使用し、
貴重材のカリン材や神代タモなどを使った
提案のためか?、、、、
値段的に非常に高価なものとなったためか?、、
一度お蔵入りとなっていました。
G8.jpg
この写真は、発売当初ラインナップされたキャビネットタイプです。

その後、私が入社したあと
ギルドをデザインしなおしてみる案が、
当時の営業部長より提案され、私の方で
デザインしなおしたスケッチを描き試作してみました。
G4.jpg

最初はイライラボックスの小引出は
付いていませんでしたが、社長の提案で小引出を
追加し、中井氏のアドバイスなどを受けながら、
コストを極力下げるための設計をし直し、
引き出しの材質感からくる、カラフルな色彩を
着色塗装で再現し商品化にこぎつけました。
G10.jpg

ギルドの商品化の肝になった着色塗装で、
貴重材の風合いを再現することで、製品としての
安定供給につながっていると思います。
また、近年材料の質の低下をカバーして、
生産し続けられているのは塗装技術の貢献が
非常に大きいのではないかと考えます。
G9.jpg
G11.jpg

木製品、特に家具は何でも無垢材を使うのが
良いとは限りません。
森林資源には限りがあります。
貴重な木材を使って製品を作るには、
材料の適材適所を考えて作ることが大切です。
さらに、生産加工技術においても
同じようなことが言えます。
G3.jpg

技術や人材もまた貴重な資源ですので
適材適所はもちろん、技術や人材に見合った
対価を得られるものづくりをすること。
G7.jpg

貴重な技術・人材資源を絶やさないための継承を
続けることが、ロングライフな製品づくりには
大切な事だと思います。
G5.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 雑貨・インテリアの紹介
ジャンル : ライフ

匠工芸 オリジナル製品の一号は「キバン」

kiban1.jpg

 匠工芸のオリジナル商品の1号製品は「キバン」になります。
原作は中井啓二郎氏が試作。
当時の日本クラフト展で中井氏が協同製作の
丹野則雄氏と一緒に新人賞を受賞した作品です。

kiban2.jpg

 当時、協同製作にあたった丹野氏によると、
受賞の知らせを受けた後で中井氏は
「なんだ、新人賞か大賞でないのか」と言い放ったと聞きました。

kiban3.jpg

 つまり、旭川で製作活動をしていたクラフト作家で、
中井氏は全国レベルの製品レベルを理解して
ものづくりをしていたことが解ります。

 先に書いたように中井氏が試作後、
丹野氏(木の名刺入れや箱で有名な作家)が
細部を修正し商品化をするべく匠工芸で試作、
当時丹野氏は独立間もなく、隠れ匠工芸社員だったようで
匠工芸の仕事を手伝っていたようです。

tanno4.jpg
tanno2.jpg

  「キバン」の中のキャンバスの小物入れポケットは、
丹野氏の奥様が縫製されたとのことです。
この「キバン」の中井氏との共作製作の活動より丹野氏は、
現在の「木の箱」づくりの仕事につながっていったとのことです。

tanno3.jpg

 丹野氏の精巧な「木の箱」づくり、独特の他に類を見ない、
木材の細密精巧な加工製品につながっているようです。
私も長年、丹野氏の名刺入れを愛用し、
使うほどに味わいの出る名刺入れやペン立などを愛着しています。

tanno6.jpg
tanno7.jpg

 本体の箱は、中井氏があり組で製作し、
木の弾力性を生かしたロック機構の原型を提案し、
丹野氏が木バネそのままのロック機構では部品が折れかねないので、
保護するための二重構造を提案し、
「キバン」独特の木の弾力を生かしたロック構造を完成させました。

tanno8.jpg
kiban4.jpg
kiban7.jpg
kiban8.jpg

 その他に丹野氏が改良した点は、
箱の内側に取り付ける木製のステー形状や長さや、
持ち手の面取りや断面形状などを手掛けたそうです。

tanno9.jpg
kiban5.jpg
kiban6.jpg

 その後、中井氏と丹野氏の共作活動は、
北海道立近代美術館で行われた
「はこで考えるーあそびの木箱」展の奨励賞へと続きました。

kibako1.jpg

そのごの丹野氏の造形活動がこれらの中井氏と
の共作活動かきっかけとなっていることは、
製品を見ればよくお解りになると思います。
tanno5.jpg

 さらにもう一つ、匠工芸で「キバン」の生産を当時社員だった、
バウ工房の大門氏がよく担当していたとのことです。
今から思うと、「キバン」はなんと贅沢な人材の
共同作業より生みだされていた製品だったのか!

 製品開発の場では、デザイナー個人や企画者や
ディレクターなどの個人的な感が良いアイデアを
出すように思われますが、良いアイデアは
いろんなところに転がっています。
そのアイデアたちに気が付き、拾い上げ、ものになるように
試行錯誤、創意工夫を重ねることが良い商品になる可能性を高めます。

 その上では、商品開発で複数の人たちの良い関係による共同作業が、
良い製品をコンスタントに生み出される源と私は思います。
 少なくとも今までの私の仕事の中ではそうでした。

 その場合、重要になるのは関わる人たちの、
他者の意見やアイデア、思考に耳を傾け注視し、
お互いの人間性を尊重しあい
謙虚にものづくりに取り組むことだと思います。

tanno1.jpg

 そういった意味で、「キバン」での中井氏と丹野氏の話から、
お二人には互いを尊重しあう人間的な器の大きさがあり、
それが良い関係の共同作業につながったのではないかと推察されます。

テーマ : 日用品・生活雑貨
ジャンル : ライフ

匠工芸 早さとチームワークで作る「ウッドペッカー」

テーブルセット2

ウッドペッカーで使われている主要材料は、
ハードメープル材です。
ハードメープル材による整形合板で
ルーローの三角形を作っています。
ハードメープルは家具用の木材の中でも
かなり暴れやすい材料です。
h3.jpg

暴れやすいとは、
家具で使う木材は加工中や製品になってから
狂ったり反りが出たりねじれたりしないように、
生の木を乾燥させ水分を10%以下に天然乾燥と
人工乾燥の機械で乾かして使っています。
生のままだと生ごみと同じように腐ります。
木材といっても、元は樹木、植物ですので生ものと
同じです。 
ですから、言ってみれば樹木のミイラを材料としているのです。
ミイラ化して腐ったり、風化したりすることを止めて、
木材が変形しない状態をなるべく作り材料としています。
そり2

 しかし、そうやって木材を乾かしても多少の湿気を吸ったり
乾いたり、温まったり冷えたりすることで変形したりします。
そういったことの大きく出ることを木材が暴れるといいます。
 そのように材料をよく乾かして使っても、
ハードメープルの場合、暴れが大きく出る材料のため
加工、組み立てにはスピードが要求されます。
それは、加工後時間がたてばたつほど狂いが
大きくなってくるからです。
狂い(暴れ)が大きくならないうちに加工して形にしないと
余計な作業がどんどん増えてくることになるからです。
整形 2

 ウッドペッカーの場合、ルーローの三角形をつくる
フレームの材料を整形合板で形にしています。
整形後、そのフレーム材は時間とともに
ドンドン曲りが広がってゆき、その後の接合部の角度切りや
フィンガージョイントの加工がしづらくなってゆきます。
また、ルーローの三角形に接合して
形にするのも難しくなってしまいします。
そのため、整形後はなるべく早く加工して
ルーローの三角形に組あげる必要があります。

ウッドペッカーの製造は副工場長が中心となって、
整形、角度切、フィンガー加工、フレーム組の
分担された一連の流れの作業を、チームワークよく
タイミングを見計らいながら一気に行っています。
ルーローの三角形のフレーム以外の部材も
ハードメープルを使っていますので、それらの扱いも
同様に気を使って製造しなくてはなりません。
フィンガー2

このように、スピーディーに生産していても
ハードメープルの場合、変形が出てきますので、
接合部の角度切やフィンガー加工は、変形して曲がった量を
調整しつつ加工を行います。
そういったところが職人の技量と勘が必要になる
ところになります。
海外で安く生産できない、旭川の高品質なものづくりが、
こういったところにも見え隠れしています。

材料に気を使い、人やチームワークに気を使い、
速さに気を使い、製品の仕上がりに気を使い、
お店に並んでいる状態に気を使い、使う人に気を使い、
手をかけて製造し、製品のクオリティーを管理するところが
旭川家具だなーと私が思うところです。

ちなみに、よく形はかっこいい製品が、
お店に並んでいて、空調の関係や気候によって
接合部が切れていたり目違い(段差)が出ていたり、
あまり見た目の良くない材料を表の見えるところに
使っていたりする製品を、お店で見かけることがあります。

デザイナーや製造者が意図していないクオリティーの
製品を見かけると、これで良いのだろうかと
いつも疑問になってしまいます。

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

匠工芸 「パロットチェア」開発秘話

パロットチェアも中井啓二郎氏の手によるデザインです。

この椅子の原点もマッシュルームスツールと同じく
ワーキングスツールにあります。
382.jpg

狭い場所で少しの時間腰掛けて作業ができる椅子。
座面の高さを変えることでより、多くの人の体形に
対応した椅子としてパロットチェアの原型である、
以前の商品ダックチェアがあります。

ダックチェアはデスク(ダックデスク)とセットで開発した、
短時間、軽作業用のデスクチェアです。
ダック 2

当時、家庭で普及していたラップトップ型の
ワードプロセッサーなどをリビングやダイニングで
チョット使うときや、子供がリビングなどで学習するとき
などように開発した商品でした。

家事作業の合間に日記や書き物など出来るように、
家事をしているときでも目の届く範囲で、
子供を学習させるときなどに便利でした。

女性の家事仕事や子供の面倒などをしながら、
家庭で使えるスモールデスクチェアとして開発されました。

当時、ダックで使っていた主要材料のカリン材は。
強度が高く朱色ポイ材色が美しいため使用していました。
(個人的には大好きな材です)

しかし年代とともにカリン材は貴重材種となり、
価格が高騰し入手しづらくなり生産を終えました。
(木製品で同じモデルを長く生産し続けることの永遠の課題といえます。)

その後材種を変え、作り方を見直し、
デザインしなおしたのがパロットチェアです。
384.jpg

ショールームで持ってみましたが、材種などを見直した結果
ダックよりも軽量になったと思います。

また色調も明るくなり、今の明るい色調の住宅に
マッチしたデザインに変身しています。

よく子供の学習椅子などで、成長とともに
座面の高さが変えられる椅子がありますが、
このパロットなんかはぴったりだと思います。
386.jpg

子供が成長すれは、大人用でも使えますし、
チョイ掛けスツールとしても、カウンタチェアーとしても
使えたりします。
385.jpg

長時間ゆっくり座るのでなければ、用途の広い長く
使っていけるよい椅子だと思います。

ちなみに、パロットチェアはノックダウン式の椅子です。
388.jpg

コネクターボルト2本を外すと、座面が外せて交換できます。
387.jpg

あとあと、座面が傷んだ時の交換や修理がしやすく、
座面だけでなくその他のパーツも交換できます。

ほんとに、子供から大人まで幅広く、長く使える椅子だと思います。

匠工芸「パロットチェア(PARROT CHAIR)」直販ページへ


匠工芸「マッシュルームスツール」の開発秘話

マッシュルームスツールは、匠工芸設立当時から
商品開発を担当されている”中井啓二郎氏によるデザインです。

4.jpg

このチョイ掛けのスツールの原点は、
今は廃盤となった以前の商品、ワーキングスツールにあります。

1.jpg

ワーキングスツールは啓二郎氏の奥様が妊娠中、
大きなお腹で台所仕事をしているときに、
チョコット休憩するためのスツールがあればと、
啓二郎氏が製作した一本脚のスツール(ワーキングスツール)が原点です。

チョイ掛けするスツールの発想は、
啓二郎氏の奥様への愛より生まれたコンセプトといえます。

近年の高齢化社会に対応して、スツールを考え直し、
マーブルスツールを開発したのちアッシュコンセプトの方の
アドバイスを受けて、台所だけでなく狭い玄関で高齢な方が
靴を履くときなどに、チョイ掛けできるようにミニマムスツールとして、
サイズなどデザインしなおしたのがマッシュルームスツールです。

5.jpg

まさに、デザイナーの愛が生んだヒット作です。

人間工学を元に人が座れる最低限の座面の大きさを割出し
デザインされたスツールです。
ですから、あくまでもチョイ掛け用ですので
長時間の使用には不向きです。

色々なシーンでの使用を考えるならば、
軽量で持ち運び安く座面の大きいマーブルスツールなどが良いでしょう。

2.jpg
3.jpg

マッシュルームスツールはノックダウン(組み立て分解)の製品ですので、
座面が傷めば座面だけをメーカーに送り座面の張替修理が可能です。

座面のクション材はウレタンフォーム(スポンジ)で長年使用すれば劣化しますし、
ファブリック(張り生地)もスリ切れたり痛みますので長く使用することを考えると、
修理やメンテナンスといった面で利点があります。
 
6.jpg

あるいは、大ヒットすれば座面だけの交換パーツの販売もあるかもしれません。

あと、あれだけ小さなスツールですのでキャンプや野外など
いろいろな場所に持ち出して使用することも考えられます。

「チョイ掛け用」の使い方を間違わなければ便利なスツールです。

匠工芸「マッシュルームスツール(MUSHROOM)」直販ページへ


テーマ : 雑貨・インテリアの紹介
ジャンル : ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。