2015年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匠工芸 オリジナル製品の一号は「キバン」

kiban1.jpg

 匠工芸のオリジナル商品の1号製品は「キバン」になります。
原作は中井啓二郎氏が試作。
当時の日本クラフト展で中井氏が協同製作の
丹野則雄氏と一緒に新人賞を受賞した作品です。

kiban2.jpg

 当時、協同製作にあたった丹野氏によると、
受賞の知らせを受けた後で中井氏は
「なんだ、新人賞か大賞でないのか」と言い放ったと聞きました。

kiban3.jpg

 つまり、旭川で製作活動をしていたクラフト作家で、
中井氏は全国レベルの製品レベルを理解して
ものづくりをしていたことが解ります。

 先に書いたように中井氏が試作後、
丹野氏(木の名刺入れや箱で有名な作家)が
細部を修正し商品化をするべく匠工芸で試作、
当時丹野氏は独立間もなく、隠れ匠工芸社員だったようで
匠工芸の仕事を手伝っていたようです。

tanno4.jpg
tanno2.jpg

  「キバン」の中のキャンバスの小物入れポケットは、
丹野氏の奥様が縫製されたとのことです。
この「キバン」の中井氏との共作製作の活動より丹野氏は、
現在の「木の箱」づくりの仕事につながっていったとのことです。

tanno3.jpg

 丹野氏の精巧な「木の箱」づくり、独特の他に類を見ない、
木材の細密精巧な加工製品につながっているようです。
私も長年、丹野氏の名刺入れを愛用し、
使うほどに味わいの出る名刺入れやペン立などを愛着しています。

tanno6.jpg
tanno7.jpg

 本体の箱は、中井氏があり組で製作し、
木の弾力性を生かしたロック機構の原型を提案し、
丹野氏が木バネそのままのロック機構では部品が折れかねないので、
保護するための二重構造を提案し、
「キバン」独特の木の弾力を生かしたロック構造を完成させました。

tanno8.jpg
kiban4.jpg
kiban7.jpg
kiban8.jpg

 その他に丹野氏が改良した点は、
箱の内側に取り付ける木製のステー形状や長さや、
持ち手の面取りや断面形状などを手掛けたそうです。

tanno9.jpg
kiban5.jpg
kiban6.jpg

 その後、中井氏と丹野氏の共作活動は、
北海道立近代美術館で行われた
「はこで考えるーあそびの木箱」展の奨励賞へと続きました。

kibako1.jpg

そのごの丹野氏の造形活動がこれらの中井氏と
の共作活動かきっかけとなっていることは、
製品を見ればよくお解りになると思います。
tanno5.jpg

 さらにもう一つ、匠工芸で「キバン」の生産を当時社員だった、
バウ工房の大門氏がよく担当していたとのことです。
今から思うと、「キバン」はなんと贅沢な人材の
共同作業より生みだされていた製品だったのか!

 製品開発の場では、デザイナー個人や企画者や
ディレクターなどの個人的な感が良いアイデアを
出すように思われますが、良いアイデアは
いろんなところに転がっています。
そのアイデアたちに気が付き、拾い上げ、ものになるように
試行錯誤、創意工夫を重ねることが良い商品になる可能性を高めます。

 その上では、商品開発で複数の人たちの良い関係による共同作業が、
良い製品をコンスタントに生み出される源と私は思います。
 少なくとも今までの私の仕事の中ではそうでした。

 その場合、重要になるのは関わる人たちの、
他者の意見やアイデア、思考に耳を傾け注視し、
お互いの人間性を尊重しあい
謙虚にものづくりに取り組むことだと思います。

tanno1.jpg

 そういった意味で、「キバン」での中井氏と丹野氏の話から、
お二人には互いを尊重しあう人間的な器の大きさがあり、
それが良い関係の共同作業につながったのではないかと推察されます。

スポンサーサイト

テーマ : 日用品・生活雑貨
ジャンル : ライフ

匠工芸 「アニマルスツール」心をいやす休息家具

animaru2.jpg

 私の勝手な見解ですが、「アニマルスツール」は休息家具の
新しいジャンルを作ったのではないかと思っています。
スツールといえば作業用家具の一種ですが、「アニマルスツール」は
ペットのように、使う人の心を休息させる、あるいは癒しをあたえる
家具だと思います。

animaru6.jpg

 アニマルスツールの張地は、アクリル・ポリエステル製の
フェイクファーを使用しています。
通常、椅子張りに用いる張地と違い、毛足が長く張地として使うには、
いろいろと厄介な素材です。

animaru9.jpg

 裁断の際は、長い毛足を切らないように注意が必要ですし、
縫製の際は縫い合わせ部に毛が巻き込まれるので、
縫製後は櫛で巻き込まれた毛足を引き出すなど、
手間と張地の扱いに慣れが必要とされます。

animaru5.jpg

 ちなみに櫛は、ペットのトリミング用の櫛を使っているそうです。
張りの途中や張り終わりなど毛並みを整えながらの作業となるため、
ペット用の櫛は大活躍です。
 処理した毛の掃除や裁断して舞い上がった毛を吸わないよう
マスクをしての作業なども大変です。

animaru4.jpg

 張りの作業としては、張地の裁断、縫製後は脚にクション用の
ウレタンフォームを貼り付け、縫製した張地をかぶせ、
animaru10.jpg

裏面にタッカーで打ち止めて行きますが、毛足の長いフェイクファー
ですので毛足を打ち止めないよう、素地の布だけを打ち止めて
張り上げるのが通常の張り作業にない難しい作業のようです。

animaru8.jpg

 また、張りの加減で高さや形、左右対称に仕上げるなど、
通常の張り作業でも要求される精度もアニマルスツールの場合、
可愛さを売る商品ですのでシビヤになるようです。

animaru7.jpg

 張りの担当の職人はこの張りの仕事の中でも、
まとめて数十台張り上がってきたスツールに囲まれると、
仕事中でも癒されるとのことです。

animaeu 1

 想像してみてください、数十台のアニマルスツールに
囲まれている光景を、そりゃーほのぼのとしてきちゃいますよね。

animal GM

animal G

 張地の種類は4種類、カタログの写真ではあまり感じませんが、
実物を見るとそれぞれの張地の違いで、かなり個性が出ます。
実際に見て触れてみるとよくわかりますが、色や模様はもちろん、
毛足の長さ、硬さ、弾力性などでそれぞれにかなり個性が強くあります。

animal B

 汚れたら優しく布でふき、手入れはペット用の櫛などを使うとよいようです。
ペットの犬などで服を着せたりしますが、カバー代わりに服を着せて
楽しむのも良いかもしれません。
 弱点はペットと同じくしっぽです。強く引っ張りすぎないようにとのことです。

animaru3.jpg

 単に体を休める休息家具だけでなく、ペットが人をいやすように、
インテリアが人の心を癒す手助けになるような、休息家具が
必要とされる時代が来ているのだな~~なんて、
アニマルスツールを見るたびに感じます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。