スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匠工芸 「ギルド・クーチェスト」塗装に技あり

G1.jpg

ギルドもクーチェストも塗装で木材に着色をほどこし
塗装をしています。

近年、特に良い木材の量が低下しているため、
色目的に優良ではない材料も、塗装の技でカバー
して製品としているケースが多いのですが、
特にギルドの場合は塗装での着色技術が
生かされ製品となっております。
G2.jpg

クーチェストの場合は、ホワイトアッシュ材の
美しさや質感を有効に表現するために、
着色をほどこしております。
C1.jpg

クーチェストは、長らく匠工芸の商品開発は
男性のデザイナーや担当者が行ってまいりました。

そんな中で女性目線の商品を開発したいと,
以前よりつながりのあった女性デザイナーの
伊藤さんに提案を依頼したとのことです。
C2.jpg

ホワイトアッシュの材質感を生かした面白い
商品となっていると思います。
また、着色した部分もホワイトアッシュの木目をひきたて、
一見、和風になりがちの着色塗装を、
ライトな洋風な家具にまとまっていると思います。
C5.jpg

サイズ的にもいろいろなスペースやシーンに使える
用途の広い商品となっています。
C4.jpg

ギルドは、当時私が担当して商品化しました。
当初、東京の百貨店問屋より東京のデザイナーの
案としてギルドの原案が示され、その案に沿って
中井氏によって設計試作されましたが、
大きいサイズやすべて無垢材を使用し、
貴重材のカリン材や神代タモなどを使った
提案のためか?、、、、
値段的に非常に高価なものとなったためか?、、
一度お蔵入りとなっていました。
G8.jpg
この写真は、発売当初ラインナップされたキャビネットタイプです。

その後、私が入社したあと
ギルドをデザインしなおしてみる案が、
当時の営業部長より提案され、私の方で
デザインしなおしたスケッチを描き試作してみました。
G4.jpg

最初はイライラボックスの小引出は
付いていませんでしたが、社長の提案で小引出を
追加し、中井氏のアドバイスなどを受けながら、
コストを極力下げるための設計をし直し、
引き出しの材質感からくる、カラフルな色彩を
着色塗装で再現し商品化にこぎつけました。
G10.jpg

ギルドの商品化の肝になった着色塗装で、
貴重材の風合いを再現することで、製品としての
安定供給につながっていると思います。
また、近年材料の質の低下をカバーして、
生産し続けられているのは塗装技術の貢献が
非常に大きいのではないかと考えます。
G9.jpg
G11.jpg

木製品、特に家具は何でも無垢材を使うのが
良いとは限りません。
森林資源には限りがあります。
貴重な木材を使って製品を作るには、
材料の適材適所を考えて作ることが大切です。
さらに、生産加工技術においても
同じようなことが言えます。
G3.jpg

技術や人材もまた貴重な資源ですので
適材適所はもちろん、技術や人材に見合った
対価を得られるものづくりをすること。
G7.jpg

貴重な技術・人材資源を絶やさないための継承を
続けることが、ロングライフな製品づくりには
大切な事だと思います。
G5.jpg

テーマ : 雑貨・インテリアの紹介
ジャンル : ライフ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。